日本出版学会へようこそ

私たち日本出版学会では,出版およびそれに関連する事項の調査,研究を行い,出版文化の向上に資することを目的として活動しています。

研究発表会(春季:東京/秋季:関西)をはじめ,各部会を随時開催しています。

<日本学術会議 協力学術研究団体> 

新着情報

新会長に植村八潮氏(専修大学文学部教授)が就任

 日本出版学会「春季研究発表会・総会」が、5月14日(土)東京・国分寺市の東京経済大学で行われ、午前中に2セクション4つの研究発表が行われた。

 12時30分~13時30分までは、総会が開催され、2015-2016年度の事業計画の総括並びに決算と2016-2017年度の事業内容及び予算などが採決され、新しい理事が選任された。

 前期(2014年5月~2016年5月)の会長を務められ、出版学会の創造的な改革など積極的な改善を進められた芝田正夫氏(関西学院大学教授)が退任され、長年、事務局長・副会長を歴任された植村八潮氏(専修大学文学部教授)が新会長に就任した。

午後13時45分からは、2セクション4つのワークショップが開かれ、活発な議論が行われた。

続きを読む...
 

■2016年度立命館大学大学院文学研究科行動文化情報学専攻「文化情報学専修」ワークショップ
 日本出版学会2016年度第3回(通算第96回)関西部会のご案内


テーマ:「出版統計から考える――紙の本と電子本の近未来」

日 時:2016年5月23日(月) 18時30分~20時00分

 

続きを読む...
 

■日本出版学会 2016年度・第1回出版技術・デジタル研究部会のご案内


修復基礎実習と脱酸処理工場見学

~プリザベーション・テクノロジーズ・ジャパン見学会


 株式会社プリザベーション・テクノロジーズ・ジャパンは、アメリカのペンシルバニア州ピッツバーグに本拠を置くプリザベーション・テクノロジーズ社の日本法人です。国際特許をもつ脱酸技術「ブックキーパー」により、酸性紙の酸を安全に中和し、書籍や文書などの紙資料の寿命を長期にわたって延長する画期的な保存技術を提供しています。
 今回の研究会では、出版物に欠かせない「紙」に焦点を当て、傷んだ場合の簡単な修復実習を体験したうえで、紙の「酸性化」と「脱酸」についての基礎知識を学び、更に脱酸処理の工場を見学します。

続きを読む...
 
<< 最初 < 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 > 最後 >>

1 / 22 ページ