《日本出版学会 緊急シンポジウム》「雑誌ジャーナリズムの明日」(2013年5月11日(土)開催)のご案内

Eメール 印刷 PDF

《日本出版学会 緊急シンポジウム》 のご案内 (2013年5月11日(土)開催)


 雑誌ジャーナリズムの明日
  ― ピンチかチャンスか?―


 雑誌ジャーナリズムは,新聞や放送のような組織ジャーナリズムの側面を持つとともに,積極的にフリージャーナリストを活用して,彼らに活躍の場を与えてきた。このたびの『週刊朝日』の橋下徹特集記事問題は,良い意味でも悪い意味でも,この特徴が明確になった事件である。佐野眞一氏と『週刊朝日』によって投げかけられた問題の中で,雑誌ジャーナリズムが内包する課題は何なのだろうか。
 ネットの台頭や部数減少という点から取り上げられがちな雑誌であるが,本シンポジウムでは単なる「ジャーナリズムの倫理」や「経営問題」の議論に止まらず、他のメディアにはない問題点や意義を浮き彫りにしたい。


パネリスト:藤田康雄氏
       (講談社,『週刊現代』編集長)
      中川淳一郎氏
       (フリーランス,『NEWSポストセブン』総監修者)
      島田真氏
       (文藝春秋,『文藝春秋』編集長(前『週刊文春』編集長))
      三重博一氏
       (新潮社,『新潮45』編集長・出版企画部長(ノンフィク
        ション担当))
司   会:塚本晴二朗(日本大学)
       *諸事情により,発表者は変更になる場合があります。


日 時:2013年5月11日(土) 14:30~17:00
会 場:日本大学法学部 三崎町校舎 本館4階144講堂
      〒101-8375 東京都千代田区三崎町2-3-1
交 通:JR総武線・中央線「水道橋」駅 徒歩5分
    都営地下鉄三田線「水道橋」駅 徒歩6分
    都営地下鉄新宿線・三田線,東京メトロ半蔵門線「神保町」駅 徒歩7分
    http://www.law.nihon-u.ac.jp/access/index.html
参加費:会員 500円  一般 2,000円  学生 500円(*学生証提示者のみ)
懇親会:6,000円


申込方法:
*e-mailまたはFAXで,件名を「緊急シンポジウム参加申込」とし,氏名・所属(学生の場合は,大学名の後に「学生」と明記)・連絡先(e-mailまたはTEL)を明記の上,お申し込みください。
 参加費は当日会場にて受け付けます。
 (緊急シンポジウム・懇親会それぞれについてお申し込み下さい。)
*満員等の場合のみ,ご連絡させていただきます。
*なお,上記参加費のみで,下記「日本出版学会 2013年度 春季研究発表会」にもご参加いただけます。

申込先:日本出版学会事務局
     e-mail: このメールアドレスは、スパムロボットから保護されています。アドレスを確認するにはJavaScriptを有効にしてください   FAX:03-3313-7348


《同時開催》日本出版学会 2013年度  春季研究発表会
 日 時: 2013年5月11日(土) 10:30~12:00
 会 場: 日本大学法学部 三崎町校舎 本館4階
  *詳細は,日本出版学会ウェブサイト(http://www.shuppan.jp)でご覧下さい。

《懇親会》
 時 間: 17:30~19:30 (会費:6,000円)
 会 場: 本館地下食堂


日本出版学会事務局
 〒166-0003
 東京都杉並区高円寺南3-1-10-303
 TEL:03-3313-7347
 FAX:03-3313-7348
 e-mail: このメールアドレスは、スパムロボットから保護されています。アドレスを確認するにはJavaScriptを有効にしてください