日本出版学会へようこそ

私たち日本出版学会では,出版およびそれに関連する事項の調査,研究を行い,出版文化の向上に資することを目的として活動しています。

研究発表会(春季:東京/秋季:関西)をはじめ,各部会を随時開催しています。

<日本学術会議 協力学術研究団体> 

新着情報

■関西部会  発表要旨(2010年9月1日)

日本の漫画を世界に
――キンドル,iPadとコミック配信の現在

大橋大樹
(NTTソルマーレ代表取締役社長)

 NTTソルマーレは2002年4月に設立されたモバイルコンテンツ流通事業を行う会社である。
 ケータイビジネスの発展は3Gの浸透が大きく関係している。電気通信事業者協会の調べによればデータ通信に適する3Gの普及台数は2009年度に109万台,普及率は97%となっている。またドコモのiモード契約者のパケット定額比率は2005年3月末には6.1%に過ぎなかったが,2009年3月末には36.3%に達している。

続きを読む...
 

■関西部会  発表要旨(2010年6月14日)

戦時統制とジャーナリズム
1940年代出版メディア史

吉田則昭

 2010年6月14日に開催された関西部会では,今年6月に上梓した『戦時統制とジャーナリズム ―1940年代メディア史―』(昭和堂)のうち,特に戦前の出版史に関する第6章,すなわち(1)問題の所在,(2)戦時期の書籍・雑誌の状況,(3)日本出版文化協会の発足,(4)戦時の配給・販売と日配の設立,(5)「文協」問題,(6)日本出版会の誕生,(7)出版業界紙整理と戦時末期の出版界,について報告した。
続きを読む...
 

《2010年“秋季研究発表会”特別講演》

電子出版時代の「校正のこころ」 

大西 寿男(「ぼっと舎」主宰)

 

一 デジタル時代の校正のいまと未来 

 本の歴史は5000年におよびますが,この20年のあいだに,出版と活字メディアのあり方が激変しました.

続きを読む...
 
<< 最初 < 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 > 最後 >>

26 / 30 ページ