日本出版学会 デジタル研究部会のご案内 (2019年2月28日開催)

Eメール 印刷 PDF

■ 日本出版学会 デジタル研究部会のご案内 (2019年2月28日開催)


「2018年電子出版ビジネスの現状と今後の展望」
―文化通信アンケート調査による―


(講 師)
コーディネータ
植村八潮 (専修大学教授、日本出版学会会長)
パネリスト
矢口博之 (東京電機大学理工学部准教授、日本出版学会出版デジタル研究部会部会長)
星野渉氏 (文化通信社専務取締役、特定非営利活動法人本の学校 理事長)
梶原治樹 (扶桑社販売部担当部長、日本出版学会出版デジタル研究部会副部会長)

開催日時:
2019年2月28日(木) 13:30-15:30 (13:00 開場・受付開始)

開催場所:
〒102-0082 東京都千代田区一番町25番地 JCIIビル 6階会議室

アクセス: http://www.jcii-cameramuseum.jp/map/map.html
最寄駅: 東京メトロ・半蔵門線  半蔵門駅 4番出入口より徒歩1分

主催: 電子出版制作・流通協議会
共催: 日本出版学会デジタル出版研究部会
     東京電機大学エルゴノミクスデザイン研究室
     文化通信社

参加費:
  電流協会員 無料
  日本出版学会会員 無料
  上記会員以外 2,000円

定 員:100名 (満席になり次第締め切ります)

申込み方法
    お申込みは下記URLよりお願いいたします。 
     https://aebs.or.jp/seminar3.html


【開催概要】
 文化通信社が毎年実施している電子書籍アンケート調査「出版社における電子書籍・デジタル雑誌ビジネス実態調査」の報告、及び、2018年の出版指標を解説するとともに、課題、動向に関して有識者によるパネルディスカッションで掘り下げて行きます。
 海賊版問題の進展、著作権保護期間の延長、読書バリアフリー法の出版社への影響、電子図書館の進展など出版界を取り巻く動向を議論し、今後の電子書籍市場について展望していきます。

  過去の行事はこちらからご覧いただけます