日本出版学会 学術出版研究部会のご案内 (2019年8月20日開催)

2019年 7月 26日(金曜日) 10:36
印刷

■ 日本出版学会 学術出版研究部会のご案内 (2019年8月20日開催)


電子書籍購入の新しい仕組みとメタデータ流通
~DDA(Demand-Driven Acquisition)による購入の現状と課題~

講師: 入江 伸 (慶應義塾大学メディアセンター)


日 時: 2019年8月20日(火) 18:30~20:30 (18:00受付開始)
場 所: 専修大学神田キャンパス 2号館1階101教室 (定員120名)
        東京都千代田区神田神保町3-8
        https://www.senshu-u.ac.jp/access.html

交 通: 水道橋駅 JR中央線 西口 徒歩7分
      神保町駅 東京メトロ半蔵門線、都営三田線・新宿線 A2出口 徒歩3分
      九段下駅 東京メトロ半蔵門線、都営新宿線 5番出口 徒歩3分
参加費: 1000円 (出版学会会員および学部生は無料)

申込・問い合わせ先:
学術出版研究部会長・橋元博樹
このメールアドレスは、スパムロボットから保護されています。アドレスを確認するにはJavaScriptを有効にしてください

主催: 日本出版学会・学術出版研究部会


【講演概要】
 慶應義塾大学メディアセンターでは現在、複数のプロバイダーによる電子書籍サービスを導入している。Ex Libris 社のディスカバリーシステムPrimo Central、丸善雄松堂の電子書籍サービスMeL(Maruzen eBook Library)、ProQuest社の洋書EBookプラットフォームEBC(ProQuest Ebook Central)などである。 2016年度からは、図書館員が選書を行う伝統的な購入方式ではなく、利用者が実際に必要した資料を購入する方式、いわゆる“Demand-Driven Acquisition”(需要駆動型購入方式:DDA)による購入を開始した。2018年度の購入冊数は合計で3,000冊を超えている。
 本研究会では、このDDAの仕組みを概説する。そしてその際最大の課題となっている出版社・プロバイダーとシステムベンダー間のメタデータ流通について説明し、出版社が留意しなければならない点を指摘する。さらに9月から稼働する早稲田大学図書館と慶應メディアセンターのシステム共同運用を解説し、メタデータのグローバルな流通への取り組みを展望する。