日本出版学会 出版史研究部会からのご案内(2017年3月16日開催)

2017年 2月 24日(金曜日) 10:57
印刷

■出版史研究部会からのご案内(2017年3月16日開催)


出版社独立・創業史の系譜を追う


 飛鳥勝幸会員からのご提案で、標記プロジェクトを検討することになりました。共同作業のスタートアップミーティングですので、少しでもご関心のある方はお気軽にご参加下さい。

【概要】
 このプロジェクトは、近現代の出版社の創業に関するデータベースを共同作成し、出版史研究に役立てようというものです。すでに『出版人物事典』『出版文化人物事典』などが刊行されていますが、ある出版社の出身者が新たに出版社を興し、さらにそこから枝分かれして別の社ができる…といった流れをまとめて、近代日本の出版の系譜を明らかにすることをめざします。
 具体的な方法としては、共同のプラットフォームを作り、さまざまな文献に書かれている情報を、その都度書き加えたり修正したりしながら、精査・共有することを考えています。今回は、飛鳥会員が個人で長年にわたって進めてこられた作業を説明いただき、どのような展開が可能か、参加者で自由にディスカッションをしたいと思います。出版学会員の方であれば、どなたでもご参加いただけます。


日時:2017年3月16日(木)午後6時30分~8時00分
報告:飛鳥勝幸会員(三省堂出版局)
場所:上智大学四谷キャンパス7号館4F 文学部共用室C
会費:無料、参加は日本出版学会員限定
申し込み:件名欄に「出版創業史申し込み」と書き、下記までメールでお申込みください。
     柴野京子( このメールアドレスは、スパムロボットから保護されています。アドレスを確認するにはJavaScriptを有効にしてください

主催:日本出版学会・出版史研究部会

 


◎今後の出版史研究部会予定:
 2017年4月28日(金)18:30~ 場所未定
 『コバルト文庫で辿る少女小説変遷史』(2017年1月、彩流社刊)
  嵯峨景子氏(明治学院大学非常勤講師、文化学園大学文化ファッション研究機構共同研究員)