第42回日本出版学会賞 (2020年度)

第42回 日本出版学会賞審査報告

 第42回日本出版学会賞の審査は、「出版の学術調査・研究の領域」における著書を対象に、「日本出版学会賞要綱」および「日本出版学会賞審査細則」に基づいて行われた。今回は2020年1月1日から同年12月31日までに刊行・発表された著作を対象に審査を行い、審査委員会は2021年2月14日、3月17日の2回開催された。審査は、出版学会会員からの自薦他薦の候補作と古山悟由会員が作成した出版関係の著作および論文のリストに基づいて行われ、その結果、日本出版学会賞奨励賞2点、同特別賞1点を決定した。また、清水英夫賞(日本出版学会優秀論文賞)の審査を行い、第3回清水英夫賞1点を決定した。


【奨励賞】

速水香織 著
『近世前期江戸出版文化史』
(文学通信)

[審査報告]
 1670年代から1750年代にいたる期間の書肆の活動や出版物、出版統制に関わる史料や記録を考察することにより、江戸前期の出版文化の具体的様相を明らかにしようとした労作である。とくに、出版物の刊記に登場する人名に着目し、京都・大坂・江戸の三都の板元の関係性を読み解こうとした点に本書の特色がある。本書の中心人物は井原西鶴の浮世草子を江戸で販売した万屋清兵衛で、巻末に付された大部の「万屋清兵衛出版年表」は資料的価値も高い。
 むろん「出版文化史」という壮大なテーマから見た場合、本書の叙述が著者が述べるように事例紹介にとどまっている側面も否めない。しかし、本書の成果は、元禄以降、文化の中心が上方から江戸へ移行していく時期の考察として貴重であり、江戸の代表的板元である須原屋茂兵衛が台頭していく時代の出版史像を豊富にするものとして今後の研究に裨益するところ大である。よって、日本出版学会奨励賞に相応しい作品と評価できる。


【奨励賞】

鈴木淳世 著
『近世豪商・豪農の〈家〉経営と書物受容――北奥地域の事例研究』
(勉誠出版)

[審査報告]
 近世後期、陸奥八戸藩領において、貧農の利益に配慮して活動した豪農・淵沢家と、因果応報に基づき領主権力と接近した八戸城下の豪商・石橋家を取り上げ、その思想形成と行動を複数の史料から論証した研究書である。考察の中心は淵沢家の農業経営、藩が管理する鉄山経営の実態解明にあるが、彼らの行動の背景として「書物受容」に注目している。そこでは、中間層である豪農・豪商の書物受容の在り方が、身分差・地域差に規制されるとともに、それが支配層と被支配層への対応の違いとなり得る可能性が示唆されている。いまだ実証はされていないが、従来の豪農層における書物受容の理解に奥行きを持たせる論点である。
 審査委員会の議論では、本書の主たる関心は書名にもあるように豪農・豪商の「〈家〉経営」にあり、書物受容の解明はその手段にしか過ぎないのではないかとの意見も出された。しかしながら「〈家〉経営」を解明するために書物受容という視点を本書はかなり重視しており、近世出版文化史研究への裨益も大きいと思われる。今後の研究を多面的に進展させる可能性を秘めた著作として、奨励賞に相応しいと判断した。


【特別賞】

凸版印刷株式会社印刷博物館
(『日本印刷文化史』(講談社)の刊行および印刷博物館の活動全般)

[審査報告]
 印刷博物館は凸版印刷総合研究所の印刷史料館を前身とし、印刷全般に関する本格的な博物館として、2000年に開館した。爾来、「ヴァチカン教皇庁図書館」(2002)、「印刷革命がはじまった グーテンベルクからプランタンへ」(2005)、「ミリオンセラー誕生へ!――明治・大正の雑誌メディア」(2008)、「印刷都市東京と近代日本」(2012)ほか、多数の企画展示および図録の作成、資料の保存・公開、講演会等を通じて、出版研究に大きく寄与している。開館20周年を記念して編まれた『日本印刷文化史』(講談社刊)は、文化史、メディア史、社会史的の要素を積極的に取り入れた、新たな視点による通史であり、この刊行を機に特別賞をもって顕彰したい。


【清水英夫賞(日本出版学会優秀論文賞)】

張 賽帥 著
「雑誌『東亜時論』(1898-1899)にみる東亜同文会の中国時局観」
(『出版研究』50号掲載)

[審査報告]
 本賞は、過去2年の『出版研究』に掲載された論文を対象にし、将来性に富む優れた研究論文を顕彰することを目的としている。第3回目の今回は、『出版研究』49号および50号所収の4つの公募論文を審査対象とし、表題の論文を選出した。
 本論文で取り上げた東亜同文会は、日清戦争後の対外政策の機運の中で設立され、日本の対中国政策において大きな影響力を持ったとされる。その最初の機関誌が『東亜時論』であり、多くの新聞記者が会員となって、東南アジア情勢を伝え、有力新聞の論調をも左右しかねないような論説が展開された。本論文はこの『東亜時論』全26号を子細に読み込み、中国時局観についての論説を抽出して分析したものである。日本の中国進出に対する政策論争などについて、中央政府の統治権に対する二重的認識、地方有力者に対する肯定論と懐疑論など、決して一枚岩とは言えない言説を丁寧に分析している。
 本論は博士論文の1章分が中心となっており、筆者は本論文の投稿後にさらに2章分の分析を加えて博論として完成させている。中国人留学生が、このような日本人の中国史観に影響を与えた政治雑誌を読み込み、丹念に分析を行ったことも評価に値するといえよう。本賞の精神は、まだ業績の少ない若手研究者を視野に、「将来性に富む優れた研究論文」を対象に選考することであり、清水英夫賞にふさわしい論文と判断した。