学会誌『出版研究』目次(第37号;2006年)

出版研究 37号(2006年)                                      

■ 国際交流

   第12回 国際出版研究フォーラムの概要

遠藤千舟

   江戸から現代の日本の書籍文化
     ――それを育成した諸条件

アルボレーダ・アマデオ・A

   韓流を通してみる韓日出版文化交流の現況

文ヨンジュ

   出版の自由の制度的保障
     ――デジタル時代の言論の多様性の意味

山田健太

   大衆娯楽雑誌『平凡』と1950年代の日本
     ――時代把握のための新たな枠組の構築に向けて

阪本博志

   デジタル読書のための技術と標準化
     ――国際標準化からみた電子書籍市場分析と理論モデル

植村八潮

   日本の出版流通におけるデジタル化とコンテンツ流通の展望

湯浅俊彦

   日本における出版印刷技術の変遷

中村 幹

   出版業界に求められる「再販制度」からの脱却
     ――日本の出版業の健全な発展と消費者利益の向上のために

糸田省吾

   日本の出版市場の変化
     ――出版統計から読む市場の成熟化

木下 修

   デジタルネットワーク技術による書籍供給体制のパラダイム変化
     ――出版社,取次におけるマーケティングの進化と課題

星野 渉

   日本における出版教育
     ――その概観

川井良介

   大学における出版編集教育
     ――実践女子短期大学のケース

三浦 勲

   出版教育の普遍化
     ――出版教育の新たなパラダイム

遠藤千舟

■ 論文

   教育利用から見た読書装置の特性に関する実証的考察

矢口博之・植村八潮

■ 研究ノート

   大日本言論報国会時代の大熊信行
     ――雑誌『公論』を巡る一考察

仙石和道