第43回 日本出版学会賞(2021年度)

第43回 日本出版学会賞審査報告

 第43回日本出版学会賞の審査は、「出版の学術調査・研究の領域」における著書を対象に、「日本出版学会賞要綱」および「日本出版学会賞審査細則」に基づいて行われた。今回は2021年1月1日から同年12月31日までに刊行・発表された著作を対象に審査を行い、審査委員会は2022年2月11日、3月14日の2回開催された。審査は、出版学会会員からの自薦他薦の候補作と古山悟由会員が作成した出版関係の著作および論文のリストに基づいて行われ、その結果、日本出版学会賞奨励賞2点、同特別賞2点を決定した。


 
【奨励賞】

的場かおり 著
『プレスの自由と検閲・政治・ジェンダー
 ――近代ドイツ・ザクセンにおける出版法制の展開』
(大阪大学出版会)

[審査報告]
 出版法制史というだけでなく、報道の自由か忖度か、言論の自由か濫用か、という昔から続く課題について、歴史的な経緯を紐解いた法学者による研究書である。19世紀前半にザクセンやフランクフルトで制定された憲法で、言論やプレスの自由が保障されるようになったが、この政治的背景について、政治権力者によるプレスの検閲・介入・利用の過程を丁寧に調査し、当時の自由主義を支えた大学の役割、プレス支援の協会の存在、女性の政治参加とプレスへの投稿など、多角的な分析を試みている。政治的・法律的な視点で書かれているが、出版の歴史を知り、プレスの役割と法制度について考える上で興味深い著書であり、奨励賞に値すると判断した。


 
【奨励賞】

中村督 著
『言論と経営――戦後フランス社会における「知識人の雑誌」』
(名古屋大学出版会)

[審査報告]
 フランスのニュース週刊誌『ル・ヌーヴェル・オプセルヴァトゥール』の研究で、誌面内容と経営の両面から分析している。戦後フランスで、左派の議論をリードしてきた同誌の歴史的考察は、フランス言論史そのものであり、思想史ともなっている。特に、左派が勝利したミッテラン政権の成立により反権力性を喪失して危機を迎えたという指摘は、極めて興味深いものである。1964年から1995年までの長期にわたる分析を、出版経営に関する一次史料等を丹念におさえ、当事者インタビュー等も交えて、詳細かつ実証的に行っている。雑誌研究の一つの形を示した優れた研究といえるが、今後の発展を期待する意味で、奨励賞がふさわしいと判断した。


 
【特別賞】

東京都古書籍商業協同組合 編
『東京古書組合百年史』
(東京都古書籍商業協同組合)

[審査報告]
 2020年に創立100周年を迎えた東京都古書籍商業協同組合の設立100年史である。680ページに及ぶ大著である。前半50年分の通史を鹿島茂氏が執筆し、後半を古書組合の会員が担当・執筆するという体裁をとり、交換会の歴史やインターネット事業なども盛り込んで、古書の豊饒な世界を描き出している。また、『古書月報』の総目次や、組合の略年表、役員名簿、古本屋の分布図など巻末の史料編も非常に充実している。
 過去から現在までの古書店の動態や、古書組合の展開は、出版文化の歴史の重要な一面を構成するものといえ、本書の刊行は、出版研究にも寄与するところ大である。よって、特別賞の贈呈がふさわしいと判断した。


 
【特別賞】
大宅壮一文庫
(大宅壮一文庫のこれまでの出版研究への貢献に対して)

[審査報告]
 公益財団法人大宅壮一文庫は、1971年に設立された団体で、12,700種類、80万冊に及ぶ雑誌を蔵書する専門図書館「大宅壮一文庫」を運営している。メディア関係者だけでなく、多くの出版研究者が資料渉猟の場として訪れている。
 記事本文の全文検索ができない時代に編み出された「大宅式分類法」は、雑誌の目次をそのままを入力するのではなく、スタッフが一つ一つの記事を通読してキーワードなどを決めている。これは検索データベース「Web OYA-bunko」として提供され、これもまた、出版研究に大きく寄与している。
 ともすれば、入手困難となる雑誌を収集・保存し、直ちに利活用できるように分類、提供してきたことは、大宅壮一の意志を継ぐ関係者の並々ならぬ努力があったからである。創立50周年を機に特別賞をもって顕彰したい。