出版技術研究部会
部会長:田中公子       

出版物は設計,組版,印刷・製本の工程はもとより,用紙,インキ,糊など材料の適切な選択を経て,初めて出来上がります。また装幀や紙面のデザイン,電子加工の力に負うところも大です。こうした広義の造本に関して,関係機関見学や技術体験等も行いつつ,技術や思想を研究するのが当部会です。
タイトルフィルタ     表示 # 
# 記事タイトル
1 修復基礎実習と脱酸処理工場見学 横島文夫 (2016年7月9日)
2 書誌学入門――和本を調べる技術 大沼晴暉 (2015年10月30日)
3 江戸の出版と近代 橋口侯之介 (2015年6月1日)
4 和本の出版技術 橋口侯之介 (2015年3月18日)
5 印刷博物館企画展「印刷と美術のあいだ――キヨッソーネとフォンタネージと明治の日本」見学 (2014年12月13日)
6 活版実習 (2014年10月26日)
7 和本入門 大沼晴暉 (2014年7月16日)
8 大和綴じ(綴葉装)実習 櫛笥節男 (2014年3月26日)
9 中西印刷の技術的変遷 中西秀彦 (2013年11月1日)
10 西洋の造本装丁 渕野智弘,関直行 (2013年9月6日)
 
<< 最初 < 1 2 > 最後 >>
1 / 2 ページ